10年後の自分への手紙

 新型コロナウイルスの影響で日常生活にもさまざまな制限がかかるようになり、毎日がなんだか生きづらく、しんどいと感じる人も多いのではないでしょうか。今はまだ、しばらく我慢の日々が続きそうですが、そんな中でも夢や希望をもって、みんなでこの困難をのりきろう!そんな思いでスペシャルオリンピックス日本・滋賀では『10年後の自分への手紙』企画をはじめました。

 今の自分の気持ちを書いても良し。将来の自分の目標を書いても良し。10年後手紙を見た時に「こんなこともあったなあ」とみんなで笑い合えるような、そんな思い出作りにあなたも関わってみませんか?

データはこちらからダウンロードして、掲載されている住所あてに封書でお送りください。

お預かりしたお手紙は、まとめて希望が丘文化公園に埋められるよう計画を進めています。

是非お近くの皆さまで声をかけあい、奮ってご参加ください。多くの皆さまからのお手紙をお待ちしております。

10年後の手紙チラシ
.pdf
Download PDF • 1.04MB

最新記事

すべて表示

2022年4月吉日 アスリートや関係者のみなさん 特定非営利活動法人スペシャルオリンピックス日本・滋賀 理事長  國松 善次 4月以降の活動一部再開について( お知らせ ) 滋賀県では4月に入っても依然、新型コロナウイルスの新規感染者が減少傾向にありませんが、手洗いやマスクの着用、3密の回避など、感染拡大を防ぐための対策は社会全体で随分と定着してきました。全国的にも、コロナとうまく付き合いながら、